スポンサーリンク

意識的に知らないことをやってみる

発見!


こんにちは。二階堂ハジメです。

今回は意識的に知らないことをやってみるについてお伝えします。


人間楽なほうへ向かいますが・・・

人間楽なほう、楽なほうへ向かいますが、それでは日々なにも向上しないなぁと感じています。



あえて知らないことをやってみるもの刺激になっていいですよね。



きっかけは人からであったり、本からであったり、何でもいいのかもしれません、一瞬でもやってみようと思ったことをやってみる。



損得勘定なしにはじめたことが、結局あとで役に立ったり、ずっと続いていたりするかもしれませんね。



ただ、知らないことをやるということは、それなりに大変なわけで、最初からおもしろいわけでもなかったりします。



理解するまで時間がかかったり、途中で投げ出したくなったり、いわゆる学ぶというプロセスが発生します。



なので、はじめたらある程度まではやめないことも重要になってきますね。習慣化されればこっちのものです。



私の場合、コーヒーがそうでした。



どういうきっかけで、コーヒーを飲みたくなったのか、はっきり覚えていませんが、ちょうどスターバックスが流行りだしていて、単なる「かっこよさ」みたいなものからはじめたのかもしれません。


コーヒーを飲むからには、ブラックで飲めるようにならねばコーヒーの味をわかったことにはならない、というような考えから、あの苦いだけだった黒い液体が、もうコーヒーなしにはいられない体になるまでは、数年を要しました。



まずいものがうまくなるプロセスには、いろいろと試行錯誤を繰り返しまして、

  • コーヒーの銘柄を変える
  • コーヒーのローストを変える
  • コーヒーを買う店を変える
  • コーヒーのランクを変える
  • 自分で豆を挽いてみる
  • コーヒー教室に通う
  • コーヒーメーカーからハンドドリップに変える
  • 焙煎屋のオーナーと友達になる


というような経験を経て、現在に落ち着きました。



苦くてまずいものを飲み続けたおかげで、おいしいコーヒー豆を出会い、友達までできるという、なんとも予想もできないつながりができました。(ひょっとしてビジネスにつながるかも)



きっかけは何であれ、まずやってみる、未知との遭遇が、未来を明るくするかもしれませんね。



結局人生は予想通りには行かないのでしょう。そこがおもしろい。



さて、次はなにをしてみようか、何かオススメがあれば、教えてください。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。