スポンサーリンク

実はお金に困っていなかった!?

バカンス


こんにちは。二階堂ハジメです。

今回は実はお金に困っていなかった件についてお伝えします。


やっと気づきました、お金があることに。

妻とお金の話をすると、必ずと言っていいほど、機嫌が悪くなってしまう二階堂です。



なぜ機嫌が悪くなってしまうのか、それは「お金がない」と思っていたからです。



「お金がない」と言われると「稼げていない自分」に無性に腹が立ってしまい、機嫌が悪くなっていたのです。



昨日も妻とお金の話をしたのですが、どうしていつも機嫌が悪くなるのか、考えてみました。


そもそもお金はないのか、あるのか、・・・。



実は、お金は十分あったことに気づいていなかったのです。



生まれてこの方、実はお金に困ったことがなかったのです。



驚きですよね。「お金がない」と思い込んでいた自分に気づいてしまった。



お恥ずかしいかぎりです。いつからそんな「ないない」思考になってしまったのか、今になって考えてみると、小さいころから、「うちは貧乏だから」と親に言われて育ちましたので、その辺から、「ないない」思考に陥ったのでしょう。



今になって考えると、子供のころ、貧乏な思いは一度もしていませんでした。



大人になってからも、「ないない」思考が抜けず、お金に対する執着が消えないでいたようです。(両親には感謝しています)



実際は家計をみてみると、ローンはありますが、十分な蓄えもある状況でした。



なので、「お金はある」のです。今頃になって気づいてしまった。



いつ気づいてもいいとは思うのですが、気づいて本当に良かったです。



気づかず一生を終えるのは・・・、って思うと、ぞっとします。



これからは「あるある」思考で生きていけるので、お金に好かれる生き方ができそうです。


ある気づきが思考を逆転させることもある!



もし何か違和感があったら、じっくり考えてみる、ビジネスでもこういった気づきからチャンスが生まれることがあると思います。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。