感情は自分で選ぶもの~返り討ちにあわないために

driver

 
 

こんにちは。二階堂ハジメです。

今回は感情は自分で選ぶものについてお伝えします。

 
 

自分の機嫌が悪いのは自分のせい

自分の機嫌が悪いのは自分のせいです、自分で怒りの感情を自分で選んだだけです。

 
 
他人に対して怒りの感情を抱くことは誰にでもあると思います。

 
 
言葉の暴力によって、人をののしりたい時もあるかと思います。

 
 
私は車の運転時によくあります、恥。

 
 
また、インターネット上でも誹謗中傷の書き込みはよくあるもの。

 
 
逆にもし自分が誹謗中傷にあった場合、どう対処するか、それは無視することです。何も受け取らないことです。

 
 
受け取らないということは、誹謗中傷した人にその感情が返っていくことになります。

 
 
例えば、こんなことがあります。

 
 
プレゼントを人にあげようとしたのですが、相手が受け取ってくれなかったとき、そのプレゼントは誰のものでしょうか。

 
 
相手が受け取ってくれなかったので、プレゼントは自分のものです。

 
 
この話を聞いて自分はドキッとしました。

 
 
気づきましたよね?

 
 
怒りについても同じことだったのです。

 
 
他人に怒りをぶつけても、相手が受け取らなかった時は、自分に返ってくるのです。

 
 
自分が言ったことは自分で受け取ることになる、ということですね。

 
 
なので、何か怒りをぶつけてくる人がいても、受け取らない、無視する。

 
 
自分が他人に対して怒りをぶつけたとき、もし無視されれば返り討ちにあいます、汗。

 
 
怒られて、嫌な気分にさせられた人は加害者ではなく被害者です。

 
 
自分の機嫌が悪いのは自分のせい。

 
 
他人の機嫌が悪いのは他人のせい。

 
 
抱え込まなくてもいいことまで自分で抱えこむ必要はない、問題のありかを切り分けたいですね。

 
 
インターネットビジネスでトラブルに巻き込まれそうになったとき、応用できますね。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました