スポンサーリンク

[WordPress]WordPressのバックアップに挑戦!

データ保護


こんにちは。二階堂ハジメです。

今回はWordPressのバックアップに挑戦についてお伝えします。


資産が突然消えては困りますね

ブログはいわば資産です。せっかく築いてきたものが、何かの拍子で消えてしまっては、元も子もありません。



今回はWordPressのバックアップを試してみたいと思います。



とその前に、今回は、バックアップ先に「Dropbox」というオンラインストレージ(*1)を使いますので、まだアカウントがない方は下記から取得しておいてくださいね。(無料で使えます)



Dropbox



*1:インターネット上にファイル保存用のディスクスペースを貸し出してくれるサービス



今回はオンラインストレージにバックアップ先を選びましたが、借りているサーバー内にもバックアップできます。

この場合、借りているサーバーが壊れた場合、バックアップも救出できないので、リスクがあります。



また、自分のパソコンにバックアップする方法は、自分のパソコンが壊れた場合、救出できません。



今回はオンラインストレージを選びました。オンラインストレージのリスクはオンラインストレージのサービスが終了してしまえば、バックアップを救出できないことです。

どれもリスクがありますが、今回はお手軽な「Dropbox」を使うことにしました。


さっそくバックアップしてみる

BackWPup」というプラグインを使いますので、WordPressの管理画面か「BackWPup」というプラグインを探し、「いますぐインストール」をクリックします。

backwpup_01



インストールが終わったら、「プラグインを有効化」しておきます。

backwpup_02



WordPressの管理画面のメニューに「BackWPup」が追加されているので、クリックし、「新規ジョブの追加」をクリックします。

「このジョブの名前」のところに適当に名前をつけます。画面では「Backup」としています。(なんでもいいですよ)

backwpup_03



下の方に行って、バックアップファイルの保存方法のところで「Dropboxにバックアップ」にチェックをつけます。

「変更を保存」をクリックします。

backwpup_04



そうすると「宛先:Dropbox」というタブが増えていますので、「宛先:Dropbox」をクリックします。

次に、「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックします。

backwpup_05



下記の画面が表示されますので、「許可」をクリックします。

backwpup_06



するとコードが表示されますので、コードをコピーしておきます。

backwpup_07



コピーしておいたコードを「Dropboxのアプリへのアクセス」のテキストボックスに貼り付けし、「変更を保存」をクリックします。

backwpup_08



「認証済み!」になればOKです。

「ファイルを削除」に、「15」という数字が入っていますが、これは何世代分のバックアップを残しておくかの値です、とりあえず私は「3」にしておきました。

backwpup_09



次に「スケジュール」タブをクリックします。「ジョブの開始方法」で「WordPressのcron」を選択します。

「WordPressのcron」を使うと定期的に処理を実行することができます。

「スケジューラ」でお好みでタイプを選びます。私はそのままにしておきました。「変更を保存」をクリックします。

backwpup_10



これで作業は終わりです。



あとは時間になったら、バックアップしてくれます。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。