スポンサーリンク

SEOに取り組もう

こんにちは。二階堂ハジメです。

昨日は特定電子メール法についてお伝えしました。

本日はSEOについてお伝えします。

SEOという言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、SEOとは具体的に何ぞやという人が大半だと思います。


スポンサーリンク

SEOって何?

SEOとはSerch Engine Optimizationの略称です。日本語で言うと検索エンジン最適化と言います。

検索サイトで特定のキーワードを検索したときに上位表示されるように対策を施すことをSEOと言います。

どうしてSEOが必要なの?

ではどうして、SEOが必要なのでしょうか?

サイトで稼ぐには、まず読者様がサイトを見に来てくれないと何も始まりません。

読者様を集めるには、検索サイトで上位表示される必要があります。

皆さんは検索サイトで検索した時に、結果表示の2ページ目から見ますか?

殆どの人が、1ページ目から見ると思います。わざわざ2メージ目や最後から見るという人は少数派でしょう。

よってアクセス(読者様)を集めるには、1ページ目に表示されることがいかに重要なことかお分かりだと思います。

SEO対策として何が必要?

SEO対策として大きく分けて、以下の2点が必要です。
詳しくは、次項以降で詳しく説明します。

  • 内的SEO
  • 外的SEO

またサイトの更新頻度は高い方がいいです、具体的には1日1記事必要です。

サイトの大きさをサイトボリュームと言いますが、サイトボリュームが150記事~200記事ほどあれば検索エンジンで上位表示されやすいとされています。

サイトボリュームが大きいサイトをパワーサイトと言ったりもします。その逆をペラサイトと言ったりします。

内的SEOとは何だ

サイト作成スキルを持たない人では難しいですが、サイト効果を最大化するための構成がなされていることが必要です。

稼げるアフィリエイターは構成がしっかりしたテンプレートを使用しています。

テンプレートを使用すれば、サイト作成のスキルを持たなくてもサイト効果を最大化できます。難しいことは既にあるテンプレートが解決してくれています。ここで重要なのは、サイトが作れることとサイトで稼げることは別のベクトルだということです。

テンプレートの重要性は以前の記事でお伝えしましたね。

次にキーワード選定も内的SEOの一部となってきます。上位表示されやすいキーワード選定が重要です。

キーワードの選定の方法は後日お伝えしますね。キーワード選定が終われば、キーワードを含めた記事タイトル、記事を増やしていきます。

あとは発リンク(自分のサイトから他のサイトへのリンク)を少なく、内部リンク(自分のサイト内から自分のサイト内へのリンク)を多くしていきます。

外的SEOとは何だ

外的SEOとは被リンク(他のサイトから自分のサイトへのリンク)を増やすことです。

別のサイトを自分で作ってメインサイトへリンクを飛ばしたり、外部サイトからリンクを受けたりします。

無料ブログを使ってメインサイトへリンクを飛ばすこともあります。またソーシャルブックマークに登録して自分のサイトにユーザを誘導させることもあります。

最後に

自分のサイトにたくさん読者様が来るには検索サイトで上位表示が必要ですが、検索エンジンの検索アルゴリズムが時代によって変わってきます。

常に最新情報をキャッチして、対応していくことが重要です。

その中でも時代に左右されにくい部分のSEO対策を施したWordPress用のテンプレートがあります。

→テンプレートはこちら

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント