スポンサーリンク

「見られている」だけの記事と「読まれている」記事の違い

読まれる記事


こんにちは。二階堂ハジメです。

今回は「見られている」だけの記事と「読まれている」記事の違いについてお伝えします。


自分のブログの記事は・・・

自分のブログの記事は「見られている」だけの記事なのか、ちゃんと「読まれている」記事なのか、どっちが多いのか、わかりません。



が、このところ、記事に対するコメントをもらったり、サイトから問い合わせをいただくようになってきているので、ジワジワといったところでしょうか。



書いた記事が、ただ眺められているだけだとしたら、それは悲しいことです。



でも、読者さまに興味がなかった記事なので、仕方がないですかね。



目指すは、たくさんの人に「見られている」記事ではなく、少数の人にでもちゃんと「読まれている」記事を書きたいなぁと思うのです。



アクセス数ではなく、いかに読者さまの心に響いたかで勝負したいです。



読者さまの心に響いた記事が、「読まれている」記事なのでしょうね。


「楽」という字

「楽」という時には「たのしむ」とか「ラクする」と言った意味がありますが、ブログの記事がたくさんの読者さまに読まれるには、ラクして書くのではなく、たのしんで書くのが一番です。



ラクして書いていては、ラクしようという属性の人が集まってきます。それは自分にとって本意ではないです。



たのしんで書けば、人生たのしくなるし、人生をたのしくしようとする人が集まってくるような、そんな気がしています。



人生を楽しんでいる、もっと楽しくしようとする人たちと交流できたらと思っています。



日々の仕事もしかりです。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。