不思議です、これは空間のちから?

ハイキング

 
 

こんにちは。二階堂ハジメです。

今回は空間のちからについてお伝えします。


 
 

道は道でも・・・

不思議なことに、道は道でも街で歩く道(歩道)と山道(登山道)とでは空気が違うことに気づきました。

 
 
たいがいは登山道のほうが狭いのだけど、疲れるのは街の歩道なのです。(あくまで自分はですが・・・)

 
 
街で歩く道で人が多い場合は、人を避けて避けて、ぶつからないように歩くので疲れるし、イライラするんですよね~。

 
 
なので、街にあまり行きたくないのです。

 
 
でも、これが登山道だと、もっと道が狭いのにたとえ混雑してても、譲りあいの気持ちが自然に出てくるのですよね~。

 
 
これは「空間のちから」なのだろうか、もしそうなら、自分が穏やかでいられる自然に身を置いていたいなぁ、なんて思います。

 
 
この違いはなんなのか。。。誰か答えが分かる人がいたら教えてください。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました