スポンサーリンク

みんなって誰なんだろうね

みんなって誰?



みんなという人はいない。



ついついやってしまいがちなこと、それは対象をひとくくりにしてしまうこと。


スポンサーリンク




自分はよくやってしまうんですよ。



例えば、「みんな言ってたよ」、「みんなこう思ってるって」、「うちの部署は○○だ」とか言ってしまう。



これって結局「みんな」って誰なんだということになる。



みんな違う人なのに、一緒にされたくはないと思ったり、思われたり。



もっと言うと、「日本は」とか「若者は」とか「老人は」とか、これってひとくくりにすることで、誰に対しての意見でもないように思うのです。



対象がモヤモヤしているので、結論もモヤモヤする。



「若者は」と言ったところで、ひとくくりにできない。



それぞれ意見も違う人たち、別人なのです。



でも、個々の意見を大切にしすぎてもうまくいかない、うーん、悩む。



自分の発言にも注意しつつ、対象に具体性のない場合、注意して聞いたほうが良さそうです。



みんなという人はいないのだ。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。