スポンサーリンク

ベストな働き方は自分で働かないことかな~最大のリスクを回避する

木漏れ日



サラリーマンの平均の生涯賃金は数億円だと聞いたことがあります。



いくら成果をあげてもサラリーマンでいる限り会社に搾取されることは確かです。



逆もありきで、会社の恩恵をうけることができるのも確かです。


スポンサーリンク




どんな働き方が自分にとっていいのか、前から思っていたことをつらつらと書いてみます。



ブログのテーマである時間的、経済的、精神的、身体的自由を獲得したいわけなので、自分が働いていてはダメなのかなと。



なので、他の人やお金やモノに働いてもらうのがベストです。



どうやってやろうかな、今は投資をやっているので、月数万ですが配当収入はあります。



まだまだ成果が出始めたばかりですので、これからリスクを分散していく必要はあります。



とりあえずうまく行っている方法を成長させながら、他にも挑戦していく方法がいいのかな。



一気に収入が増えることはないけど、徐々に労働収入を減らしていきたいですね。



今は、自分の労働収入と自分のお金に働いてもらって生計を立てているわけですから、もっと別の何かにも働いてもらうことを考えることがリスクの分散になるし、進むべき方向だと今は思っています。



稼げば稼ぐほど税金を納めることになるので、稼げば稼ぐほど社会貢献できます。



最大のリスクは自分が働いていることかなと思っています。



もし自分が死んだら、病気で働けなくなったら、収入がなくなるわけです。



その時点で、家族にも負担をかけますし、社会貢献もできない。



やはり、いかに自分が働かない仕組みを作るかです。



そうしておくことで、より長く家族と幸せに暮すことがでくるし、自分が死んでも社会貢献できるようになりますから。



いかに自分が働かないか、決して怠けているわけではありません、重要なポイントだと思っています。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。