スポンサーリンク

現実が正解なんだろうね、きっと

過労



今見える現実が事実であり、正解なんだろうけど、直視できない時もあるのです。



昨日、職場の上司が過度のストレスから職場で倒れ、救急車で運ばれた。


スポンサーリンク




僕から見てもなんとなくやばいことはわかっていたので、「逃げる余力は持っておいてください」と伝えた矢先に起こった事件。



やっぱり起きてしまったか、と残念に思う自分と自分が現実に追い込まれうつ病になった時を思い出してしまい、この現実を直視できない状態に陥りました。



毎月のように救急車が来る会社って、何かあるよね、ということを思いながら、転職せず、今の会社に残ることに決めたことを後悔するのでした。



早く今の職場を離れて、転勤したいというのが本音です。転勤まであと1カ月もある、どうしよう。



幸い上司は命に別条ないようで、自宅で休養していますが、まったく自分と同じパターンで、症状が体に出るか、心に出るかの違いだけ、うわー、怖くて会社に行けない。



もうあの場所には行きたくないという思いから、転勤の日までは用事を作って外出を多めに取ろうと決意。



とは言っても、現実を分析し、なぜそうなったのかの原因はあるので、そこを上司と話せればと思うのです。



原因がわかればあとは行動するだけなんですよね。(自分が行動できていたかは・・・)



現実が正解だとわかっていても、現実が事実だとわかっていても、見るのはつらいです。



特に仲が良い上司なだけに、まったく同じパターンなだけに、精神的ショックは大きいのです。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。