末期がんで余命宣告された人に会う

病院

 
 
ひょんなことから知り合った人が、がんで余命二カ月ということを聞いたので、病院にお見舞いに行ってきたのです。


 
 
一度しか会ったことない人なので、何をしゃべったらいいのかとか、余命二カ月と言われて本人の気持ちはどうなのかとか、落胆していたらどうしようとか、持っていくお菓子は食べられるのかとか、いろいろ頭がぐるぐるした状態で病院に到着。

 
 
数年ぶりに対面したわけですが、病気と言われなかれば、わからないほどのしゃべりっぷりで安心しつつも、本当は我慢してるのではと思うのでありました。

 
 
すでに痛み緩和のためのモルヒネを投与しているようでしたし。

 
 
本人は余命宣告されてから、かなりショックだったが、今は割り切っていると言っていました。

 
 
突然死ぬよりましだし、病気を放っておいた自分が悪かったという感じ。

 
 
あとは苦しまずに死にたいと先生に言っているそうです。

 
 
人ってそんなに割り切れるものだろうか、と思いつつも割りと楽しいひとときを過ごせて良かったです。

 
 
二人に一人はがんで死ぬ時代です。

 
 
もし自分が余命宣告されたら、明るく振る舞えるのか、割り切れるものだろうか、自暴自棄にならないだろうかと思いつつ家路につきました。

 
 
もし自分や自分の家族ががんになったらと考えると、メンタルがもたないのではないかと。

 
 
今、私は生きている。それってすごい幸せだと思うのです。

 
 
そして、今やれることをしっかりやっていくのです。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました