スポンサーリンク

フレックスタイム制を気に入っているのだ

工場



僕の勤務する部署はフレックスタイム制です。



入社した当時はすごいシステムだと思って働いていました。


スポンサーリンク




今となっては普通になっていますが、もっと仕組みが進化していくのだと思っていたのに~。



時間と場所にしばられない働き方に変わっていくものだと。



そんな思いとは逆に、フレックスタイム制をやめようという動きが出ています。



だんだんと知識労働に変わってきている昨今ですが、部下を時間と場所でしばりつけるのは、部下の仕事を評価できていないということです。



部下を信用しない上司は部下からも信用されないことでしょう。



工場的な職場なら、工場に時間と場所でしばるのは当然でしょうが、今の仕事内容でそれは必要ないと思っている人は僕をく含めおおぜいいる。



このまま時代に取り残されていくのかな?



ただ組織変革の動きもあるので、少々の忍耐かとも思うのであります。



心理的支配ではなく尊敬を基盤とする組織で働きたい。



かわいそうな自分悪いだれかのことだけでなく、こういう状況だから自分はどうするのかを考えていかねば。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。