スポンサーリンク

フツーってなんでしょうね

フツー



「それ、フツーじゃないよね」とよく使ってしまうし、よく聞くのですが、その「フツー」っていうのに基準はあるのかなと思いまして。


スポンサーリンク




自分の「フツー」と相手の「フツー」は違うものですよね。



言葉って難しいですね。



いくら「フツー」という同じ言葉を使ったとしても、認識が人それぞれ違うものなので、認識にズレが生じます。



話せる相手ならば、そのズレを修正していけば、そこそこわかりあえますが、そもそも話の通じない人もいるので、そういう人とはわかりあえないですね。



あ、わかりあえなくてもいいのかな。



フツーに基準はないので、気にする必要はないのだと思います。



本当にわかりあうのには言葉だけでは無理なんでしょうね。



きっと自分とは違うと思った時点で、自分的に「フツー」ではないので、違うと思ってしまうだけのことです。



これって常識と同じですね。



常識も人それぞれ違うものなのですから、常識なんてないんでしょうね。



国際化ってこういうことなんでしょう。



島国の日本に暮らす自分は少し遅れているのかもしれないが、それも自分なのです。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。