幸せと不幸との関係

幸せと不幸

 
 
自分が不幸だと思うということは、幸せを知っているということです。


 
 
不幸と思うのはその反対にある幸せを知っているということです。

 
 
今、幸せだから少しの不幸が気になるということなのか。

 
 
自分の中の不幸探しをして、いかに不幸なのか、誰かに聞いてもらいたいだけなのか、笑。

 
 
どうして不幸自慢をしているんだろうか、笑。

 
 
まわりがそんな人ばかりならないようにしないとです。

 
 
自分が幸せだということにしておくと、なにか不都合があるのだろうか。ラクなんだろうか。

 
 
なにもないはず。

 
 
不幸探しをしている時間があるのなら(=悩む時間があるのなら)、やり始めたほうがいいですね。

 
 
悩んでるということは、決断を先延ばしにしている状態です。

 
 
怖くて前に進めない状態ということ。

 
 
あ、とりあえず今は幸せだということなんでしょう。

 
 
そう、不幸を探さなければ幸せなのですよね、きっと。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました