スポンサーリンク

所を得る

所を得る



所を得るという言葉がありますが、今、自分がそういう状態なのかもしれません。


スポンサーリンク




「所を得る」を辞書で調べてみると、自分の適したところで力を発揮するというようなことが書いてあります。



今、取引先の企業内で働いているのですが、仕事がやりやすく、自分に対する評価も高い。



成功している人は自分がチョロいと思う部分で勝負していると聞いたことがあります。(仕事をナメているわけではありませんよ)



そのチョロい部分は実は他人から見ると全然チョロくない部分であるのかもしれません。



今の自分の状態がそうなのです。



普通に仕事をしているだけで、評価されることが多い。



もうしばらくチョロい部分で勝負して行こうと思います、笑。



ガチガチのITエンジニアというよりももっと上流の管理する側のほうが向いていたのかと思ったり。



環境を変えると感じるものも違うのですね~。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。