羊をめぐる冒険

羊肉

 
 
羊の肉がいつしか食べられなくなっていました。


 
 
あの独特のくさみと言いますか、味が苦手になってしまったのですよね。

 
 
若いときは気にせず食べていたのに。

 
 
いくらこの肉はくさみがないと言われて、口にしてみても口の中に広がるあの感じがだめなのでした。

 
 
ところが、年に数回ほど行く地元のダイニングバーで今日はいい羊肉が入ったよと言われ、その手には乗らないよ、と思ったのですが・・・。

 
 
この羊肉は乳飲み子で、母親のお乳しか飲んでない羊肉だそうで、本当にくさみがないと言われたので、信じて食べてみることに。

 
 
すると、おいしいではないですか。

 
 
これには自分もびっくり!

 
 
もう羊肉はダメかと思っていたのに美味しく食べることができた。

 
 
しかし、乳飲み子ということで若干、罪悪感も。

 
 
やはり大人になるにつれ、いろいろ味が加わっていくんだなと。

 
 
これは人間も同じですね。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました