スポンサーリンク

鳥肌が立つ

見えない道



普段、鳥肌が立つことってあるだろうか。


スポンサーリンク




鳥肌が立つといっても、肌寒くて鳥肌が立つのではなく、感動して鳥肌が立つほうです。



例えば、映画を見ていて鳥肌が立ったり、音楽を聞いていて鳥肌が立ったり、テレビを見ていて鳥肌が立ったり、人の話を聞いていて鳥肌が立ったり、キレイな景色を見て鳥肌が立ったり。



そうした外部からの何かで感動して鳥肌が立つこともたまにはあります。



仕事で鳥肌が立つほど感動したことがないような・・・、汗。



自分がどんなことで鳥肌が立つのか、それは自分の知らない自分の興味への扉なのかもしれませんね。



仕事でゾワゾワすることがあれば、それは自分のやってみたい仕事につながっているのでしょう。



人に感動してもらえるような写真を撮ってみたいと思うことは多々ある。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。