スポンサーリンク

お金があってもなお働くのか

なお



遊ぶのに十分なお金と時間があったら、果たして自分は働くのかって考えたことないですか?


スポンサーリンク




自分の場合は、たぶん散々遊んで、すぐ遊ぶのに飽きて退屈な時間を過ごすんじゃないかと思っています。



自分のなりたかった状態でさえ、きっと今と同じで文句ばかり言うのです、笑。



暇すぎて、、、張り合いがなさすぎて、、、。



で、結局また働きだすような。



これはあくまで想像なので、その状況になってみないことにはなんとも言えないわけです。



はい、その状況を経験するには遊ぶのに十分なお金と時間が欲しいということです。



何事も経験ですから。



そうなってみたい。と思うだけではなにも変わらず。



どうすればいいのか、自分でもわかってないのですよ。



生まれた時からお金と時間に恵まれていた人と、生まれた時はそうでもなかったけど、自分でお金と時間を得た人とは考えも違うだろうし。



努力すればお金が入るわけでもないし、生まれた時からまったくお金に困らない人もいるので、困惑するのですよね。



「働かざるもの食うべからず」的な考えが自分に染み付いているのは、なぜだろう。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。