スポンサーリンク

無花果のうまさがわかる

無花果



無花果というと見た目がグロテスクなので、今の今まで食わず嫌いで食べたことがありませんでした。



実家でも結構な量が毎年収穫できるのにもかかわらず、なぜだか食べずにいたのです。



たまたまあるレストランで、料理の添え物として無花果が出てきたので、食べてみたところ、ハマってしまいました、笑。



甘くて、その甘さが複雑な甘さで・・・。



この年になったから美味しさがわかるのか、若い頃に食べてみたらどう思ったのか、よくわかりませんが、無花果デビューしました。



食わず嫌いというのはよく聞きますが、食ってみると美味しいことが多のでしょうかね。



食べることに限らず、いろんな経験を避けてきたように思うこともある。



経験するために生まれてきたのだから、それを避けていたら意味がないですね。



無花果、あなどれない。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。