スポンサーリンク

どこからが命なのだろう

命



自分はどこからが命だと思っているのだろうか。



果たしてその境界線はどこなのだろうか。



母親から生まれた赤ちゃんには命があると思っている。



母親の中にいる赤ちゃんは独立した命なのだろうか。



もしそう思うのだとすると、受精卵は命なのだろうか。



卵子は命なのだろうか。



精子一つも命なのだろうか。



精子を殺しても悲しくないし、、、笑。



どの状態の命を失ったらら、自分は悲しむのか、、、とふと思うのでした。



最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加