スポンサーリンク

セールスは「押し売り」ではなく「提案」です

proposal

こんにちは。二階堂ハジメです。

前回はセールスの勘違いについてお伝えしました。
今回はセールスとは提案することについてお伝えします。


スポンサーリンク

売り込みで利益は生まれない

前回の記事で、利益はお客様の満足の対価として得られるものとお伝えしました。

お客様に商品自体を満足していただいても、強引な売り込みがあっては、嫌な気持ちにになってしまう可能性があります。

それでは、ただお客様に満足していただく方法はなにか、それは提案です。

自分が持っている価値のある情報をお客様に提案すること、ポイントは「先に与える」ことです。

売り込みと提案の違いは何か、それは売り込みは自分本位、提案はお客様本位に行うことです。ここに大きな違いがありますね。

どのように提案していくか

前項でセールスは自分が持っている価値ある情報をお客様に提案することと書きましたが、そんな価値ある情報を持っているならお知らせしないといけませんね。

お客様にとって有益な情報であったら、逆に教えないことでお客様が損してしまいます。

例えば、パソコンが欲しい友人がいたとします。パソコンに詳しい私は期間限定で特価販売しているネットショップの情報を入手します。

当然、友人にその情報を話しますよね。私は友人から感謝され、ネットショップからも感謝されるかも知れません。

この場合、友人の満足とは、価格以上の価値をパソコンに感じたことです、そこにビジネスが成立したと言えますね。

アフィリエイターとしては、この「ネットショップからも感謝される 」ことがアフィリエイト報酬になってきます。

この場合は誰も損する人はいません。Win-Winの関係です。 このようなセールスなら、私も大歓迎です。

お客様の目線で価値ある情報をサイトやメルマガで提供することが、アフィリエイトビジネスにつながっていくのだと思います。

選ぶのはお客様

あくまでこちらは提案するだけ、必要ならお客様が選ぶし、必要なければ選ばない、ということです。

使うべきところでは、人はお金を使います。そういった場を提供していきたいですね!


最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。