便利なようで不自由なもの・・・それは○○

話し合い

 
 
こんにちは。二階堂ハジメです。

今回は便利なようで不自由なものについてお伝えします。

言葉は便利なようで不自由なもの

同じ日本語を話しているのに話が通じないことが時々あります。英語話しているわけではないのに。

 
 
言葉って難しいなぁと思ってしまいます。

 
 
例えば「自由」という言葉、解釈の仕方が合っていないと大変なことになってしまいます。

 
 
例えば、営業から「お任せでやってください」とお客様から言われているので「自由にやってください」と言われたとします。

 
 
作る側としては、作り手としてやりたいようにやる方法(なんでもあり)と制限をお客様に聞いた上で、制限の中で自由にやる方法があると思います。

 
 
いくら自由といっても、「自由」の解釈が両者で違ってしまうと、場合によっては収拾がつかないことに。

 
 
慎重になってしまいますね。

 
 
同じ言葉でも、相手の解釈と自分の解釈の認識合わせができない人、自分の理解で話を通そうとする人とは、分かり合えない気がする。

 
 
同じ言葉でも、人によって、状況によって解釈が違う、このことを覚えておかないと、円滑なコミュニケーションを取るのは難しいですね。

 
 
説明しなくてもわかってもらえれば嬉しいですが、そうでなければ、やれるところまで説明して、あとは相手に判断を委ねるしかないですね。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました