寿司屋で「おあいそ」が言えなかった件

おあいそ

 
 

こんにちは。二階堂ハジメです。

今回は寿司屋で「おあいそ」が言えなかった件についてお伝えします。


 
 

「おあいそ」に違和感がありました

寿司屋、というか主に回転寿司しか行きませんが、お金を払うときに、「おあいそ」と言ったことがありませんでした。

 
 
今でも言いません。

 
 
おあいそ」をいう人たちを見て、なにか違和感があったのです。

 
 
おあいそ」ってなんぞや、どういう意味なのかがわからないしなぁ。

 
 
昨日、その違和感がなくなったというか「おあいそ」の意味が分かってすっきりしたので、シェアします。

 
 
結果からいうと「おあいそ」とは隠語で、お店側が使う言葉だったのです。

 
 
お寿司屋さんが、お客さんお帰りだから、お金をもらうときに、愛想よくしなさいという意味だったのです。

 
 
それで「おあいそ」っていうんですね。もっと前に調べておけばよかったです、笑。

 
 
なので、お客のほうが「おあいそ」っていうのは、まぁお客のほうが愛想よく、お金払ってもいいのですが、本来の意味からするとちょっぴり恥ずかしいです。

 
 
自分の違和感(なんかモヤモヤ)、直感を信じてよかった結果と言えるかな。

 
 

日本人で良かった、日本人の奥ゆかしさを知るいいキッカケとなりました。
 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました