世界で一番売れている車会社のサービスを見た!(がっかり)

修理

 
 

こんにちは。二階堂ハジメです。

今回はサービスの本質を見た!についてお伝えします。


 
 

大企業の対応はマニュアル通りだったので・・・

この記事で車のエンジンの調子が悪くなったので、ディーラーへ持って行った件の続きです。

 
 
予想通り、保証期間を過ぎているので、有償となるとのことでした。(マニュアル通り)

 
 
欠陥部品の交換に8万円かかることを聞き、怒りが・・・。

 
 
納得がいかないので、お客様相談センターに助けを求めたら、保証期間を過ぎているので、有償となるとのことでした。(マニュアル通り)

 
 
結局、問題を放置したまま逃げるのです。

 
 
面倒な奴とは関わりたくないということ。

 
 
融通がきかないのが、大きな企業なんですね。

 
 
車の設計ミスを放って置くから、問題が大きくなって、収拾がつかなくなる、それがユーザに波及する。(謝ればいいのにと思うのですが・・・)

 
 
結局、困るのは車を買ったユーザというなんとも腑に落ちない結果となったわけです。

 
 
ディーラーもお客様相談センターも同じ答えでしたので、なんの解決にもなっていません。(マニュアル通り)

 
 
機転が利く会社・人なら、きっとこう応えるでしょう。

 

  • 中古品があるかもしれないから探します
  • まず部品を掃除して、様子を見ましよう

 
 
こんな感じで代案を出してくれたら、ここまで親身にやってくれるのなら仕方ないなぁと思うでしょう。

 
 
ここで信頼関係が生まれるのです。

 
 
サービスって人がするものだから、機械でもできる対応をユーザは望んでないんですよね。心が通って初めてサービスです。

 
 
人は抵抗する分、機械より面倒ですから。

 
 
世界で一番車を売っている会社のサービスとはこんなものか、と考えさせられる出来事でした。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました