自分の感覚を信じるべし

信頼関係

 
 
人と知り合う機会といえば、もっぱら仕事関係の人ばかりなのですが、一緒に仕事をしていく上で、信頼関係を築けた人と仕事をしていきたい。

 
 
なので、私も人間なので、すべての人と信頼関係を築けることはありません。


 
 
たとえお客さんでも、この人はうさんくさいなとか、言ってることがよくわからないとか、違和感がある人とは信頼関係を築けることはないです。

 
 
ただ、今は会社員なので、こんな人とも仕事はすることがあるのですが・・・。敢えて距離を置きます。

 
 
結局、お互いのためにならないような気がしてます。

 
 
お互いそう思っているのかもしれませんね。

 
 
なにか直感みたいなもので、「あ、自分、この人はだめだ」と思うことありませんか。

 
 
それ信じてみてもいいですよ。(無責任発言)

 
 
無理に合わせないでいいです。

 
 
それは単なる考え方の違いなので、どこまで行っても平行線なのです。(たぶん)

 
 
昨日、転職候補の会社へ内定後の面談に行ってきました。

 
 
給与交渉がメインでしたが、予想していた通り、今の年俸よりも下がることになります。

 
 
ただ社長、専務と面談させていただきましたが、どちらも人も自分と合いました。

 
 
包み隠さず話してくれる態度、会社に対する熱意、給与以外の何かを感じました。

 
 
今の会社の退職時に後を濁さないようにと、入社時期を最大1年先まで待ってくれるという考えの会社。(聞いたことがない・・・)

 
 
ここなら信頼関係を築けそうなんですよね~。

 
 
生活もだいじですが、その他もだいじ。

 
 
どこでなら、いい自分でいられるか、がキモです。

 
 
人間なら、機嫌のいい時、悪い時、両方ありますから。

 
 
覚悟のときだなぁ。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました