助けてくれる人を見極めるには~だいじな気づき

経験

 
 
こちらの記事で、自分がう動くと周りも動いてくれると書きましたが、1つだいじなことに気づきました。


 
 
それは、助けてくれる人は溺れていないということです。

 
 
これは自分にとっては大きな気づきでした。

 
 
溺れている人は他人を助けることはできない、ということ、当然と言えば当然です。

 
 
溺れている人に助けを求めても、一緒に溺れるしかないのです、笑。

 
 
なので、何か困っていて、助けを求めるとしたら、溺れていない人に助けを求めましょう。

 
 
実際にいま成功している人の話を聞くというのも、成功への近道というのもうなずける話です。

 
 
結構単純なような話ですが、これも自分が経験してみてわかったことなんです。

 
 
聞いただけでは腹に入らないというこちらの記事も読んでみてくださいね。

 
 
自分は一度痛い目にあわないとわからないみたいです、泣。

 
 
経験が知識となって、その人の個性となっていくのでしょうね。

 
 
知識は誰にも盗まれませんから。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました