インフルエンザが眼中になく~マスクはあてにならない

hospital

 
 

先週の木曜の夜から高熱、悪寒、関節痛、頭痛でもうろうとしておりまして、本日やっとブログを書くことができてます。

 
 
予約投稿が昨日分までたまっていたので、本当に助かりました。


 
 
そもそも先週の木曜に客先に車で訪問したときに、同僚がひどく風邪をひいていたので、危険だと思い、すぐマスクをしたのですが、マスクの効き目はなく撃沈です。

 
 
マスクは自己満足なのでしょうかね、まったく意味のないことを知りました。

 
 
マスクは自分の喉の保湿には良さそうですけど。

 
 
高熱にうなされながら、時には39度台まで熱が上がって、もう死んだほうがましだというくらいの頭痛でした、泣。

 
 
よくよく考えてみると、この症状ってインフルエンザじゃないのと気づいたいのが今朝だったので、早速病院へ。

 
 
インフルエンザのワクチンは、異物を体内に入れるのが嫌になったので、数年前からやめました。

 
 
いまだにインフルエンザにかかったことがないので、わからないのですが、検査キットみたいなのを両鼻に突っ込まれて、待つこと10分で結果が出るんですね。ちゃんと証明書も出してくれました。堂々と会社に行ける?

 
 
検査キットを鼻に突っ込まれると、涙が出ますね。

 
 
病院の先生が人差し指一本で電子カルテを作っているので、もどかしく思い、代わりにやってあげたいと思いました、笑。

 
 
検査の結果、陰性だったので、良かったです。

 
 
ただこの風邪の代償は大きいです。週末の社内の懇親会は欠席、土日の温泉旅行はキャンセルと・・・。

 
 
仕事も2日(金、月)穴開けているので、明日からどうなることやらですが。

 
 
ここでの教訓は、

 
 

  • マスクは風邪予防にはならない
  • 風邪をひいているひとと同じ車に乗らない

 
 
ことです。

 
 
今度は同じ状況なら別の車で同じ場所へ移動することにします。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました