うつ病でもバレンタインデーはうれしいのか

バレンタインデー

 
 
うつ病の断薬に成功して1年以上たちますが、そろそろバレンタインデーの季節です。

 
 
うつ病の時でも会社には行っていましたので、少なからずバレンタインデーには義理チョコをもらいます。


 
 
もらえるのはうつ病のときでも今でもうれしいのです。

 
 
もらうぶんには、病気は関係ないかな。

 
 
うつ病の時はお返しすることを考えると、今よりも面倒に感じていたかもしれません、すみません。何するのにもおっくうだったです。

 
 
いらないなんて断れないしぁ。

 
 
ただもう結婚もしているので、興味はチョコがおいしいかどうかになってきています、笑。

 
 
逆に妻以外から本命チョコをもらったら、やばいし、こっちも意識してまいます。

 
 
職場にアメリカ人がいるのですが、アメリカではバレンタインは逆に男性からのようですよ。

 
 
日本ではお菓子会社の戦略なんでしょうね。

 
 
デパートでは催し物がすごいことになっていますし。

 
 
僕は本来の意味を知らないですし、日本ではイベントと化していますね。

 
 
バレンタインデーに限らず、クリスマス、ハロウィン、ホワイトデー、母の日、父の日など、なじめないのです。

 
 
いいのか悪いのか、これが今の日本なんですね。

 
 
受け入れるしかないかな、なんだか違和感がある、まぁ、いいのかな。

 
 
まわりにおどらされている自分に嫌気がさすときがしばしばある。

 
 
若いときはこうではなかったのだが、大人になったのかな。

 
 
贈り物をもらうときは、バレンタインデーにかぎらずですが、気持ちがこもっていたほうがうれしいしいし、そういうのってなんとなくわかるものです。本命でなくても、気持ちがこもっていれば素直にうれしいしい、あはは。

 
 
【追記@2016-02-24】
なんとなくですが、今年(2016年)のバレンタインデーは盛り上がりにかけたような気がします。気のせいかな。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました