正解を作らなければ間違いはない

プレゼンテーション

 
 
少し前に緊張しない人の記事を書いたかと思いますが、その続きです。

 
 
もちろん緊張しないためには場慣れも必要だとは聞いていますが、それよりもだいじなことがありました。


 
 
それは正解を作らないことです。

 
 
例えば、プレゼンをするとします。

 
 
いつもの僕なら、あらかじめ話すことを文章で用意しておきます。

 
 
ここで正解を自分でつくっておくわけなんです。

 
 
用意した文章ががしゃべれないと、間違いになってしまう。

 
 
でも、その同僚いわく、何を話すかだけ決めておいて、話す文章は聞く人の顔色や雰囲気で変えていくというのです。

 
 
ということは、何を話しても正解ということなんですよ。

 
 
間違いようがないんです。

 
 
なるほどなぁと思いました。ここまで臨機応変に対応できるかは、それこそ場数かもしれませんが、これなら間違いようがないなぁと思いました。

 
 
ただ自分の知っていることを話せばいい。大きく見せない。知ったかぶりしない。

 
 
それが緊張しないし、疲れないということらしいです。

 
 
実践してみます。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

  1. tenka Book's より:

    そうですよねー。
    たしかに正解作らなければ間違いようがないし、
    自分の思った道にいけますしね。

    • 二階堂 ハジメ より:

      コメントありがとうございます。
      いつでも正解って楽ですよね!
      今後もよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました