あざとさと誠実さと

あざとい

 
 
あざといヤツはいるんです。


 
 
でも、うそはバレるんです。

 
 
おもしろいようにバレます。うそを守るためにうそをついていくので、すぐにつじつまがあわなくなっていく。

 
 
自分ならもうそれだけで疲れてしまいます、笑。

 
 
自分をよく見せるためにうそをつくヤツとは仕事したくない、が、やむをえずそういうヤツと仕事している自分がいる。

 
 
イコール、自分も自分にうそをつきながら、仕事しているのか、泣。

 
 
ホントはやむをえずなんて、逃げ言葉で、自分に行動する勇気がないのかもしれないですね。

 
 
自分で自分をいじめている、これは最悪の状態ですね。

 
 
そんなダサいヤツとは仕事したくない、でも自分のなかにみ少なからずダサい部分はあるので、余計に他人のダサさが気になるし、自分のダサい部分が出てきてしまうと、自己嫌悪におちいるのだろうね。

 
 
結局、最後は人として信頼されるかどうかなんです。

 
 
仕事の内容ではなく、その人と一緒に仕事をしたいかのほうがだいじなんです。

 
 
魅力を感じる人と仕事をするのは楽しい。

 
 
カッコ悪くてもいいので、自分はただ誠実であれればそれでいいかなと。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました