環境の影響は大きい

穏やか

 
 
先週末に瀬戸内に旅行に行った時に感じたことです。


 
 
まず、瀬戸内海は四国と本州に挟まれているので、非常に波が穏やかでした。

 
 
山の上から海を見ていたら、すごく落ち着きました。

 
 
自分が環境がいいなぁと思う場所に来ることで、自然と気持ちが落ち着いてくる。

 
 
なるほど、場所(環境)ってだいじだなと感じた瞬間でした。

 
 
ここにずっといられたらずっと穏やかでいられるかも、なんて思ったのです。

 
 
自分が心地いいと感じる環境に身をおくだけで、こんなにも気持ちが穏やかでいられるとは、よほど今いる環境にストレスを感じながら生きているのかと確認できました。

 
 
人生80年くらいとするともう折り返し地点を過ぎているわけで、そろそろ自分の生きたい人生を生きたい、生きてもいいのかなと。

 
 
いつ死ぬのかなんて誰もわかりませんがね。

 
 
瀬戸内海を見たら瀬戸内のどこかの島に移住してのんびりしてもいいかなと思いました。

 
 
現実的にはどこでも稼ぐ力が必要ですね。

 
 
まずはそこからです。

 
 
走りだしたらなんとかなるものです。きっと。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました