偶然をだいじにしてみる

偶然

 
 
飲み会を終えてウトウトしながらなんとか眠らずに地元の駅に到着し、さて家まで帰ろうと思い、いつものルートでフラフラ~と歩いていたんです。


 
 
深夜12時をとっくに過ぎていたのですが、よく行くワインバーの前を通り過ぎた時に反対から歩いてきたご近所さんの飲み友達と偶然会ったのでした、笑。

 
 
そんな深夜にばったりと知り合いにあるのもすごいですが、会った場所が二人もよく行くワインバーの前というすごい偶然。

 
 
ちょっとだけ運命を感じてしまいました。

 
 
こんなことはめったにないと思い、二人でワインバーに入ったのです。

 
 
そのご近所さんは一人でワインバーに行く途中だったようですが。

 
 
なんだかこういう偶然があるとおもしろいですよね。

 
 
次の日も休みなので、カウンターで店主と語らいながら楽しい時間を過ごせました。

 
 
おまけにおごってもらえた。

 
 
偶然なにかが起こったとして、即、身軽に動けるってだいじなのかなと思ったのです。

 
 
そういうところから、道が開けることがある。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました