時持ちという言葉が気になったので

コントロール

 
 
「時持ち」という言葉が目にとまったので、調べてみると「ときもち」と読むんですね。


 
 
金持ちとおなじような感じで、時間を持っているということです。

 
 
自分で時間をコントロールできるということです。

 
 
自分で時間をコントロールできるということは、時間があるだけではだめなんです。

 
 
やりたいことをする時間、やりたくないことをしない時間を得るには、心の余裕と言いますか、そこにはお金の余裕も含まれるので、時持ちというのはバランスのとれた生活なのでしょうね。

 
 
お金だけあっても、時間がなければ何もできないし、やりたいことがあっても時間がなければ何もできない、結局、時間なのでしょうね。

 
 
人はいつ死ぬかわかりません、時間も有限なのです。

 
 
これは自分が目指している「精神的・時間的・経済的・身体的自由」というのとつながります。

 
 
「時持ち」というほうがなんだか楽しそうに思えるのは自分だけかな。

 
 
「精神的・時間的・経済的・身体的自由」というと苦しみから解放され自由を獲得みたいなかたい感じがするのですよね。

 
 
要はやりたいことがあってお金もあって時間もある状態になりたいということなのです。

 
 
まだコントロールできないということは、自分自身がコントロールされたいと思っているのでしょう、まだ自由になる覚悟ができていないのでしょう。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました