始まるのではなく始めるのだ

始める

 
 
「始」と「」とは一文字違うだけなのですが、意味が違いますね。


 
 

  • 「始める」・・・自ら何かを始める(能動的
  • 「始まる」・・・自分以外の誰かや何かが始める(受動的

 
 
二階堂「ハジメ」と名乗りながら、いつも何かが「始まる」のを受身的に待っている人間だったのです。

 
 
自分で始めたのでなかったら、自分で責任をとる必要もないですし、外野になれるので、自分に影響のない分、文句いい放題。

 
 
当事者意識がないともうそこで自分の課題や問題ではないので、自分とは関係のないことだと思っている。

 
 
これもフツーのことですが、人生全部が他人任せだったとしたら、それは自分の人生とは言えないです。

 
 
自分の人生が始まるのを待つのではなく、自分の人生を始める。

 
 
自分が始めたことなら、他人に笑われようと、何言われようと関係ないわけで。

 
 
自分で止めることを決めるまでやればいいですよね。

 
 
「ハジメ」という名に恥じぬよう自分の人生を生きていきたい。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました