だんだん光がLEDに変わっていく

LED

 
 
我が家の蛍光灯が切れるたびにLED電球に変えています。今日はそんなお話です。


 
 
子供の頃、LEDって発光ダイオードと言われていたような気がしますが、今ではすっかりLEDとして地位を確立しています。

 
 
あのころと比べると効率化されたので、こんなにも多く使われるようになったのでしょうね。

 
 
白熱電球よりも蛍光灯、蛍光灯よりもLEDという風に光が変わってきていますが、省エネの面からすればいいこなのでしょう。

 
 
このところ車のヘッドライトにも使われるようになってきました。

 
 
いろんな色が出せるのもいいところなのでしょう。

 
 
ついに自分の部屋の光が全部LEDに変わりました。(他の部屋はまだ蛍光灯が多いです)

 
 
最後の1つだった蛍光灯が切れたのです。

 
 
ふと思うことは、LEDは省エネでいいですというのはわかるのですが、捨てるときの環境負荷みたいなものってどうなんでしょうね。

 
 
複雑にできているように見えるので、捨てる時に面倒かなと思ったのですが、その辺のことについて話している人を聞いたことない。

 
 
LEDを製造している会社や自治体に任せておけばいいのかな。

 
 
人間って生きているだけで、環境負荷かかってますね。

 
 
生きているだけで地球に負荷かかっているって、生きる意味ってなんなのか、ってことまで考えてしまうのですけど。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました