人生のコントロール能力を失った時

コントロール

 
 
人生のコントロール能力とおおげさに書いてしまいましたが、そういうことです。


 
 
自分でコントロールする部分がないと、きゅうくつでストレスがたまります。

 
 
例えば、自分が中間管理職だったとき、常に上司の許可を取らなければなにもできない場合がそうでした。

 
 
管理職になったのに何も決めることができない状態です。

 
 
ただただ泳がされているだけなのです、これは悲しかったし、管理できなかったのはつらかった。

 
 
このようなケースは人生のいろいろな場面でありそうです。

 
 
主体的にものごとを決める権利みたいなものを失った時、モチベーションは下がるし、もうそれは自分のことではなくなるので、どうでもよくなってしまうのです。

 
 
人に何かお願いするときは、その人が決めていい範囲を多く用意することで、その人のモチベーションも上がるのでしょうね。

 
 
自分がコントロールできることがなくなったとき、それはもう人間ではないのでしょう、人間の形をしたなにかなのです。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました