金麦を飲んで感じること

ビール

 
 
先日、複数社が絡んだプロジェクトの懇親会があったときのことです。


 
 
会場はフツーの居酒屋でしたが、飲み放題の飲み物がビールではなく、なんと金麦という第三のビールでした。

 
 
飲み放題の飲み物がビールではないケースは初めてだったので、がっかりしましたが、飲みました、笑。

 
 
普段、第三のビールを飲むことはないので、どんな味なのかと思えば、一言で言うと、コクがなかったです。

 
 
ビールはコクがだいじだと思っていたので、残念です。

 
 
第三のビールをお店で飲むとは、、、ちょっと屈辱的な思いがしました。

 
 
このような思いをするのもホントにビールの味を知っているからできることなので、違いのわかるヤツになったということでしょうかね。

 
 
似せて作っては、いつまでたってもニセモノです。

 
 
人にも言えることで、誰かのマネをするのはいいことですが、マネばかりしていては、その誰かのコピーのままです。

 
 
マネした部分を自分なりの解釈で自分のモノにできたのなら、それはもうマネではなくなります。

 
 
そうやって自分が自分になっていくのでしょうかね。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました