高齢化社会とはこういうことなのか

運転

 
 
高齢者の運転する車が悲惨な事故を起こしています。


 
 
これからますす高齢化が進むわけですし、自分もしかりです。

 
 
日本は世界で一番進んだ高齢化社会ということで、きっと世界中から注目されているのでしょう。

 
 
だれもそうだと思うのですが、いつ意識を失うかなんてわからない。

 
 
でも、確率から言えば、高齢者のほうが、そうなる確率は高いのでしょう。

 
 
対策として、車を運転しないという選択がよいと思うのですが、車が運転できないと生活できない人もいるというのもわかります。

 
 
いままで上手に運転できたのだからというプライドもあるのでしょうし。

 
 
できていたことができなくなっているということに気づきにくいといいますか、わかりたくないというのもあると思います。

 
 
早く自動運転の社会が来ないかなぁ、なんて思っているのですが、そうなれば自分は運転したくないので、機械に任せます。

 
 
自分で運転すると責任を伴いますからね。

 
 
機械に任せられれば、なにかあったときに自分は責任を取らなくてもよいわけで。(せこいのです)

 
 
巻き込まれてけがをするかもしれないが、、、泣。

 
 
このところの人工知能(AI)の発達を見ていると、だんだん攻殻機動隊の世界みたくなってきていると感じるのは自分だけでしょうか。

 
 
昨日、家にある攻殻機動隊のDVDを見ていてそう思ったのでした。

 
 
この先、まだまだ変化していく世の中だというのはおもしろいとも思っています。

 
 
自己防衛という意味でも早くドライブレコーダー買わねば。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました