銅像のお話

銅像

 
 
今日は銅像のお話です。


 
 
銅像と同じでカタい話になるのかもです、笑。

 
 
銅像とか像になって後世に名が残る人ってどういう人がなるんでしょう。

 
 
おそらく成功した人ですよね。

 
 
逆に他人をたくさん批判した人の銅像はありません。

 
 
考えてみればわかるのですが、そういうことです。

 
 
自分を含め、他人の批判をする人はいますが、そういうことです。

 
 
他人を批判している人はうまくいっていない人なのでしょう。

 
 
自分がうまくいっていないことのうさ晴らしなのかもしれません。

 
 
自分がうまくいかない原因を外にもっていく。

 
 
もし自分が批判されたとしても、批判してきた人が自分の人生の責任を取ってくれるわけではないです。

 
 
言って終わりです、言いたいだけなのです。

 
 
なので批判を受け入れる必要はなく、受け入れない、受け流せばよいのです。

 
 
批判すらされない自分はまだまだということなのでしょうね、汗。

 
 
批判に気が付かず、受け流しているだけなのかもしれないですが。

 
 
批判された時点の自分はもう過去の自分です。

 
 
今の自分と過去の自分は違うし、批判した人から見た自分と本当の自分とはまた全然違うのです。

 
 
過去を批判されたとしても、自分はもう次のステップにいるのです。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました