未来について考える

自然

 
 
未来、いつになるかはわからないが、死ぬのです。


 
 
立つ鳥跡を濁さずということわざもありますが、自分がこの世を去る時も濁したくないような。

 
 
いろんなところで、なるべく汚さないでいたいと思ってはいるのですが・・・。

 
 
肉体がなくなって、魂は残るとかなったときに、自分の生きていた場所が汚れているのは悲しい。

 
 
死ねばすべてが終わるのかもしれません。

 
 
ホントに魂があるのかなんてわかりません。

 
 
このまま循環できないものを生産していたら、この先ゴミだらけになってしまうと思うと、なんだかな~と思うのです。

 
 
それに加担している自分にもむなしさを感じたり。

 
 
大昔は持続可能な世界だったのかもしれません。

 
 
自分が生きた時よりも未来はキレイであって欲しい。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました