ないものに目を向けてもない

穴

 
 
ないものに目を向けてもなにものは仕方がない。


 
 
ないから目を向けられない、汗。

 
 
あるものはあるのだから目を向けることができる。

 
 
自分にないものはないのだから、焦ってもしょうがない、イライラしてもしょうがない。

 
 
普段、なにものがなくてもなんとかなっている今に気づかないものです。

 
 
今、自分にあるものにだけフォーカスしよう。

 
 
今、自分にはなにがあるか、仕事があって、生活があって、妻がいて、猫がいて、それで十分もう「ある」のではないか。

 
 
ドーナツの穴があるようで穴にはなにもないように、実はないものに目を向けているのかもしれないですね。

 
 
ないものはないのに。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました