星に願いを

星

 
 
都会に住んでいるわけではないけれど、ふと思うと、星を見ていない。


 
 
街の光が明るすぎて星が見えないというのも理由でしょう。

 
 
はたまた上を向いて歩いていない?なんて思ったのです。

 
 
そんな余裕もなかったのかと。

 
 
昔の人は夜になればフツーに見えたのでしょう。

 
 
それはあまりにフツー過ぎて、フツーのことだったのでしょう。

 
 
このところ、ぼーっと星を見る時間があるといいなと思う。

 
 
じっくり夜空を見ていると、意外と流れ星が多いことに気づきます。

 
 
流れ星はニュースでやっている時だけ見れるのではなく、いつでも見れるのです。

 
 
学生時代に星を見に暗いところに行ったことがあって、そこでは流れ星がたくさん見えたのを思い出す。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました