自分さんと幸せができなくて泣いた

大前提

 
 
自分が幸せであるという大前提、、、これがないと歪みが出てきます。


 
 
自分を犠牲にして他に貢献しようすると、最初はうまくいっても、長続きしない。

 
 
少しうまくいかないことがあると、こんなに自分は犠牲を払っているのに、という不満だらけになってしまう。

 
 
見返りを要求しようとしたり、見返りがない場合、自分のしている行動がストレスとなってしまう。

 
 
これが自分が幸せであれば、そうは思わないような気がする。

 
 
気がするというのは、未だ自分が心底、幸せだと思ったことがないから。

 
 
まず自分が幸せになる、他は二の次である。

 
 
みんなが自分が幸せという状態であれば、他者の幸せを考える必要もないか、笑。

 
 
幸せな家庭(親)で育った子供はたぶん幸せな大人になるんだろうと思うのです。

 
 
自分のいる環境ってだいじなのです。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました