バッターボックスに立つ意味

バッターボックス

 
 
バッターボックスと言っても野球の話ではありません。例え話です。


 
 
年齢的に野球の例えになってしまいます、汗。

 
 
もう少し下の年齢の方なら、サッカーの例えになっているのでしょうね。

 
 
三振するにはどうしたらいいか、ですが、それはバッターボックスに立つことです。

 
 
ある企業で聞いたことがあります、まずバッターボックスに立てと。

 
 
この企業ではバッターボックスに立つことに意味があるのだそう。

 
 
バッターボックスに立てはボールが飛んできます。

 
 
これを打ってホームランにする人、ヒットを打つ人、三振する人。

 
 
三振してもバッターボックスに立つ人間が出世しているのだそうです。

 
 
なにもしなければ三振もしません。

 
 
三振したということは、なにかやろうとしたということ。

 
 
野球でも3割打てばすごい。

 
 
ビジネスはもっと確率は低いのかもしれないが、バッターボックスに立てば、ゼロではない。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました