やった後悔、やらなかった後悔

後悔

 
 
後悔とは文字の通り、やったことを後になって悔やむことです。


 
 
今、後悔していることを思い出すと、圧倒的にあの時あれをやっていればよかったという、やらなかった後悔のほうが多いです。

 
 
やったことでその時、後悔しているのもあると思うのだけど、思い出せない。

 
 
ということは、後悔していないのだなぁ。

 
 
迷ったら、怖いけどやってみるというのが、いいのかも。

 
 
やってもやらなくても今、生きているし。

 
 
どっちでもいいのかもしれないですが、やったほうが面白くないそうですね。

 
 
触れたら壊れそうなあの事にも触れてみてもいいんです。

 
 
迷ってる暇はない。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました