計画的陳腐化

Old

 
 
計画的陳腐化という言葉を聞いた。

 
 
計画的陳腐化とは、新しい製品が売れるようにするために、古い製品を陳腐に見せたり、最初から製品の寿命を短く設計しておくということらしい。

 
 
常に新しい商品が売れるための手法なのだという。

 
 
自分もそれにどっぷり浸かっていて、その手法にひっかかっているわけだ、泣。

 
 
しかも仕事上、間接的に加担していたりするのかもしれない、泣。

 
 
そういう思いで作られたものは、所詮、使い捨てなんだろうね。

 
 
ぜひとも自分は選ばないようにしたいところ。

 
 
自分の周りは丁寧に作られたもので、長く使えることを前提にしたモノを置きたいし、そう思っている。

 
 
壊れたら捨てるんではなく、修理できるモノがいいですね。

 
 
壊れたら捨てる前提で作られたモノはなんだか悲しい。

 
 
新しいモノがいい時もあるし、それはモノに拠るのだろうが・・・。

 
 
車だって修理すれば長く乗れるだろうが、、、新しい車には魅力を感じるわけで。

 
 
古いモノを大切にするものかっこいいですよね、という世の中にしたい。

 
 
ということで、今日、車検です、笑。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました