仕事はボランティアではない

振り向く

 
 
会社に勤めている以上、仕事はお金をもらってやることと思っている。

 
 
という固定観念が自分の中にあるので、タダで作業してくれ、ただで教えてくれ、という輩に腹が立ってしまうことがある。

 
 
感情がザワザワするときには、背景に隠れている思いがあるもの。

 
 
あいつに言えば、ただでやってくれると思われているのが、悲しくもあり、悔しくもあり。

 
 
さらに、頼んできた人がただで仕入れたモノを売ってお金を得ていることにやるせなさを感じる。

 
 
自分がどうしてザワザワを感じるのかの、背景を探ってみるとこんな感じだった。

 
 
ただ、やりとりの渦中にいるときは、自分と自分の感じた感情がごっちゃになって、自分というものを静観できない。

 
 
こうして文字にしてみることに意味がありそうだ。

 
 
書くことで自分と自分の感情を見ることができる。

 
 
さらに探ってみると、自分の存在が最優先、一番ではない、自分がないがしろにされていることに対するヒガミのようなものが出てきた、泣。

 
 
まだ自分は子供のままである、、、、ということかも知れない、笑。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました