濃い飲み会

送別会

 
 
会社で送別会があったのだが、それが濃かった。

 
 
内部告発があったのだが、対象の人が異動になったための送別会であった。

 
 
結果、悪いことをしたのは間違いないのだが、仕事のできる人だったのも間違いない。

 
 
何かにかなでている人というのは、極端なのでしょうね。

 
 
振れ幅が大きいと言いますか、メリハリがあると言いますか、そんな感じです。

 
 
悪い意味での異動なので、送別会に参加した人は本当に信頼できる人のみでした。(異動する人が人選)

 
 
そういうこともあって、表面的な話ではなく、濃い話となり、最後にはみんな涙を流すという送別会。

 
 
こんな送別会はもうないのかもしれない。

 
 
固い絆のようなものがそこで生まれた気がしました。

 
 
正義は人それぞれだし、時代によっても正義は違う、いいじゃないかにんげんだものと感じだ夜でした。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました