否定と嫌い

認める

 
 
「否定」と「嫌い」を混同していたようです。

 
 
「否定」を辞書で調べてみると、「認めないこと」とあります。

 
 
「嫌い」を辞書で調べてみると、「好まないこと」とあります。

 
 
否定は存在自体を認めないことだったんですね。

 
 
嫌いは存在を認めた上で、好まないと判断しているということ。

 
 
自分は否定の延長線上に嫌いがあると思っていました。

 
 
単なる言葉の解釈の話かもしれませんが・・・。

 
 
否定してしまっては、そこで終わりということです。

 
 
否定しないで、自分が好きか、嫌いかを判断するだけか。

 
 
好き嫌いは、自分の感じるままに。

 
 
否定しちゃうと、好き嫌いを感じられない状態にずっとなっているかもしれません。

 
 
良い状態ではないですね。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました