トラブルを楽しむ余裕

キャリーバッグ

 
 
東京出張で品川駅を下りて、キャリーバッグの取手を伸ばしてさぁ行こうと思ったら、取手が伸びない。

 
 
とうとう壊れたのです。

 
 
いつかは壊れるのはわかっていましたが、今なのかと困り果てる、泣。

 
 
キャリーバッグをコロコロ転がすことができないということは、キャリーバッグを手で持つということになる。

 
 
重いのだ、笑。

 
 
もう10年以上使っているものだから、とあきらめつつ、仕事に向かう。

 
 
が、今回は不思議と気が晴れていた。

 
 
なんでだろうか、そのトラブルさえも面白おかしく同僚に話している始末。

 
 
トラブルすらも楽しんでいるようだ。

 
 
楽しい時というのは何が起こっても楽しいのかもしれない。

 
 
次買うキャリーバッグはある程度修理できるものにすることにする。

 
 

最後に

ご意見や記事にして欲しいことなどありましたら、お気軽にここをクリックして、メッセージをくださいね。

今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。



 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました